大掃除の段取り 1

年末の大掃除もお掃除計画を立てると効率が良くなります。

室内環境改善コンサルタントのきらら事、山口由紀子です。

大掃除ともなれば、段取り良くスケジュールを立てておきたいものですね。
でも、忙しすぎるのに緻密な大掃除計画を立てても無理なものはムリ!
「ちょっとだけ頑張ってみる」程度に計画しましょう。
掃除が普段からニガテな人には、この「ちょっとだけ」がミソ。

掃除することに自分自身にプレッシャーを感じて、結局何もできずにお正月・・・なんてことのないように、大掃除は特に段取りが重要です。
年末は仕事は忙しい、クリスマスもメインイベントだし、おまけに年賀状もかかなくちゃいけないし・・・と何かとあわただしいものです。
その上、大掃除でキレイにしてお正月を迎えたいと思ったら忙しさのあまりパニック間違いなし!


そんな状態だと困りますから、掃除計画開始。
紙と筆記用具を用意して、大掃除する場所をできれば具体的に書き出していきます。
普段のお掃除計画だと曜日毎おおざっぱなものでも良いですが、
大掃除では細かい箇所、たとえば、「テレビの裏側」とか「トイレのドア」とか「シンクの下」といった具合に書いておくと少しの時間でお掃除できるので達成感が増してきます。
掃除に大切なことは、この達成感でもあるのでしょう。
一人暮らしの方は、一人でするしかないですが、家族と一緒にお暮しの方はみんなで一緒に大掃除計画を立てましょう。

大掃除の箇所が、小分けにしあがったら付箋に書きカレンダーに振り分けて貼っていきます。
12月のカレンダーがびっしり埋まるほど書いてしまったら
それこそプレッシャーですのであくまでもゆったりと分散させてください。
ということは、早いうちにスケジュールを組んでいた方が大掃除する気持ちにも余裕ができるってことですよね。
掃除にしても何にしても、早めの計画が必勝のコツです。