掃除しやすい住設ってどんなもの?

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

お家を建てようとしてる方やお引越しをしようとしている方に『掃除がしやすい住設(特に水回り)ってどんなのですか?』と尋ねられる事があります。

10万件の訪問件数という実績を認めて頂いてるからのか?

福祉住環境コーディネーター2級という資格保持してるからなのか?

お掃除講座の講師をしているからなのか?

立ったり、座ったりが思うように出来ない…と言うハンディを逆に活かし工夫した暮らしを体験しているからなのか?

え?どれも該当するから(笑)

私は、たまにはスタッフと一緒に各有名メーカーさんの住設機器のショールームも見学に行きます。

どのメーカーさんも、『売れるような工夫』をしてらっしゃいます。

中には『これは要らないよね〜』と思うものもたくさんありますが、メーカーさんにとっては、それがウリのものも多いです。

一般の方は、素材別に日ごろのお手入れの仕方が違うとかがわからない為『ウリ文句』には惹かれますよね〜

ハッキリ言いますと、トイレや洗面ボールはT*T*の製品が秀逸で、おススメです。

水の流れの仕組みを大変良く考えてありますので日頃のお手入れがとてもしやすいですし、便器の高さも立ち上がりがしやすい高さのものが揃っています。

用を足す時や日頃のお手入れのしやすさを考えたら『トイレの便器の高さ』は重要なのです。福祉住環境コーディネーターとしても、立ったり座ったりが出来ないハンディがある私の体験的にもオススメの便器の高さは『42センチ』です。

この高さの便器を使ったらこんなにもにも日々の暮らしが楽なのか!と感動されると思います

なぜかと言うと・・・

この高さは、中腰の姿勢を取らなくてもいいので掃除がとてもやりやすいし、何より用を足す時の立ち上がりのしやすさもとても楽なのです。

立ち上がりのしやすさは、高齢化社会に向けてとても重要なポイントとなります。

自力でトイレに行けるという事は、健全に我が家で暮らす為にはとても大事な事なのです♪

後は、導線も大事なポイントですから、新築される方には、設計図も見せて頂いてアドバイスさせて頂いてます。

掃除や片付けのしやすい住環境はとても大事ですのでお悩みの方は、是非そう言うご相談もお寄せ下さい。

室内環境改善コンサルタント

山口由紀子LINE@ 

LINE Add Friend