ドラマの中の⚪︎⚪︎シーンを見て突っ込みたくなること

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは、【ドラマを見てて突っ込みたくなること】です。

私は、ドラマが好きなんですよね

で、新規のドラマは録画してほとんど見ます。

見てて気になるのは、特に掃除や片づけのシーンです。

先日も、松坂桃李君主演のドラマを見ていまして『え〜それはないでしょう!(汗)』と言う場面に遭遇し、突っ込みながら見てました。

まず、ヒロインが『窓を拭く』シーン。

泡の洗剤(いわゆる窓クリーナー)をシュワっと吹きつけて、ちょっと汚れて見えるゾーキンで、拭いてるじゃないですか!

それも、まぁるくクルクルとゾーキン動かしてるんですよね〜

ちょちょ、待って!

それは、『窓ガラス掃除』じゃないよ!

それに泡洗剤使うなら、水で流さなきゃ…

え、え、それで終わるの〜

あーあ、終わっちゃった(汗)

次にヒロインがしたのは、フローリングの床を粘着テープでコロコロしてる

ワンコを飼ってるから、粘着テープで毛を取って掃除するシーンです。

ん?ん?

やめて〜そんなん使ったら、余分な粘着が床に残るやん

余計に床が汚れるわ〜(汗)

ヒロインのセリフ

『ほら、こんなに毛が取れたわよ(ニッコリ)』

ドラマとかは、私のブログよりずっとずっと『波及効果が高い』わけですよね

だから、真似する人続出するじゃないですか?

間違ってる掃除法は、放送しないで欲しいなぁ〜と思うわけです。

では

【正しい窓ガラス掃除法】とは。

洗剤を使うならば、『薄く薄く!』です。

泡の洗剤を使うなら、水でしっかりと洗い流さないと、翌朝窓ガラスが真っ白になりますからね

めっちゃ『手間』がかかるわけです。

プロの窓掃除は、ほぼ水しか使いません。

しかも、ゾーキンはキレイなものを使います。

汚れたゾーキン使ったら、汚れが移ってしまいますもん

洗剤使う場合はヘビースモーカーとか、ペットさん飼ってるお宅

その際の洗剤の濃度は、キッチン用の洗剤を2〜5滴くらいバケツいっぱいの水に混ぜて使うくらい

つまり、基本的に薄いのです。

薄い洗剤を使う理由は、二度拭き不要で、あと始末がしやすいからです。

次に正しい

【フローリングの床掃除法】とは。

基本的には、窓開けて『ほうき』で掃きます。

その後、セミウェット(水分量はおしぼりのイメージ)のゾーキンで拭きます。

ペットがいる場合は、捨てても良いゾーキンで毛を取ってから、掃きます。

以上が、正しい窓ガラス掃除とフローリングの床掃除です。

シンプルと思いませんか?

ドラマとか、コマーシャルで掃除シーン撮る時は、プロのハウスクリーナーの監修が入ると良いのになぁ〜

そしたら、見てる方達が正しい掃除の仕方をマネしてくれるでしょう?

と、スタッフに話したら『ゲラゲラ笑う』んですよね〜

ラブストーリーも俳優も見ないで、そんな所見てるんですか!って(苦笑)

ついね

そう言うところ見ちゃうんですよね〜

小姑根性なのか?

職業病かなぁ(苦笑)

〜〜〜〜〜

お知らせ

きれいマイスター協会
お掃除の仕方や今の暮らしを楽しいものにするための 片付け方法等これからの世代を担う子供に 正しく伝える為に活動しています。