今を大切に生きる

あなたの暮らしをもっと快適に♪

室内環境改善コンサルタントのきらら事山口由紀子です
九州、それも私が住む久留米・朝倉・大分方面は大雨て、避難勧告が出るほどの被害が出ています。

災害は、予告なしに襲って来ては、平和な日常を情け容赦なく、無残に破壊します。
大事にしまっていた宝物も分け隔てることなく、容赦なく土砂の下敷きにしますし、水で流します。


今回、私も避難勧告が出る地域に住んでいましたので、改めて避難用リュックを点検しました。
リュックに入るものは僅かです。
冷静に要るものと、そうでもないものを仕分けました。

絶対に要るものは、身分証明書。

当座のお金。
3日分程の下着とそれを補う物。
保存食。常備薬。
着替えは、トップス・ボトムスそれぞれ1枚ずつ。
冷え防止のパーカー。
室内履き。
タオル。マスク。携帯の充電器・・・リュックに入れるものはザッとそんな所でしょうか?
たくさん持って行っても荷物に振り回されて、逆に身動き取れませんから。

私は今回は災害から免れましたが、対岸の火事ではありません。
次は私の番かもしれません
非常時に高価なアクセサリーなど要りません
骨とう品も要りません。


今、この時に身の周りを見直しませんか?
本当に必要な物の判断を「平常心の時にしておく」事を私は「今かつ(いまかつ)」と、命名しています。

事が起きてからでは間に合いません
老いてからでも間に合いません
いずれも判断力が鈍っているからです。
ゆとりがあるときに、自分の身の回りにあるものは、自分に取って本当に必要な物なのか?

そうでもないものなのか?
或いはもう不要な物なのかを判断しましょう

大切なのは、過去でもなく未来でもありません
「今」なのです

今を大切に生きているからこそ「明るい未来」があるのです


{BFCA3690-B5AC-4A9D-A69A-1B2A04F966DE}