住まいの主人公は誰?

モデルルームやホテルのように…ではない?

室内環境改善コンサルタントのきららこと山口由紀子です
私はハウスクリーニングを生業としていますが、我が家はそこそこ物がありますし、決してモデルルームのようでも、ホテルのようでもありません。
モデルルームやホテルのように、必要な物以外は何もない生活感のない家は目指していません。
16畳のリビングには、ダイニングテーブルとリビングテーブルの2つがありますが、ダイニングテーブルでは書きもの等の仕事をするので、書斎デスクを兼ねています。
リビングテーブルの上には、通常ノートパソコンが置いてありますので、パソコンしたい時はリビングのテーブルに移ります。
パソコンをする時には、決してお茶は飲みません。
こぼしたら、パソコンが壊れるから…
このリビングのテーブルは、ボーカルレッスンを受ける時はパソコンの代わりに鍵盤が乗ります。
マルチテーブルです。
生活感満載の我が家は、お客様にとって居心地が良いらしいです。笑
でも、ちょっとだけ気を使うお客様がお越しになる時は15分あれば、片づきます。
来客の多い我が家は、直ぐに片づくように仕組みを作ってあります
普段はそこそこ散らかっていても、来客の時にサッと片づけばそれでいいと思っています。
お客様は我が家に滞在しても、長くてもほんの2時間程度
(気のおけない友人はもっと長いけど、そこそこ散らかったままでお迎えします)
ほんの2時間くらいしか居ないお客様の為に毎日無理して、モデルルームやホテルのような部屋作りをしなくても良いと私は思うのです
その家に住む家族の居心地が1番大事と思います
{288D2B70-5AF0-4F7B-8B47-3C19220AC56D}