バックヤードも大切に

名前のない家事

室内環境改善コンサルタントのきらら事山口由紀子です。
とあるテレビ番組で『名前のない家事』というのを特集していましました。
炊事、洗濯、掃除と言う「家事の代表格」ではなく『トイレットペーパーの交換』『ゴミ袋のセッティング』など。
ささいな目に付きにくい作業だから、いつも同じ人がやりがちになります。
地味だけど、やってもやらなくても良いわけではありません。
もし、誰もやらなければ、家族の皆が困ります。
誰かの見えない心遣いに支えられて生活している事への感謝を忘れないようにしたいものですね。
『非認知能力』への取組みが国をあげてされようとしていますが、こう言った地道な事が家庭間や社会生活の中で光が当たればもっと住みやすい世の中になるのでは?と思う今日この頃です。