【命日】を決めました!

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは【寿命(命日)を決める!】です。

具体的に言いますと、

わたしは、自分の命日を【令和10年5月】と決めています。

驚かれましたか?

【癌】と言われてるわけでもありません。

もちろん、持病もありません。

ハンディキャップは、ありますが命には関わりません。

では、なぜ【命日】を決めているのか?と言いますと、のんべんだらりと生きていたくないからです。

【生まれて来た命は、必ず終わりを迎えます】

わたしは、愛する夫を【いきなり】失いました。

【癌】は患っていましたが、必ず治る!と夫もわたしも思っていました。

実際、前日も歩いていました

少し弱っているだけで、必ず復活すると信じていたのです(本当は、信じたかっただけかもしれませんが…)

ですが、翌朝急変し、その日の夕方には旅立ったのです。

【永遠の別れ】は突然やって来ることを身を持って体験しました。

今思うと【夫】は、何も言いませんでしたが、自分の寿命を察していたのではないか…と思います。

【癌の治療】をしながらやりたいことをやっていました。

趣味だった【ウィンドサーフィン】をしていた時の顔です。

いい顔をしているでしょう

何よりも【ハウスクリーニング】の仕事が大好きで、仕事が終わったら、【筑後川】にウィンドサーフィンをしに行っていました。

【59年】という生涯は、世間的に見たら短い人生です。

でも、わたしはこの笑顔を見るたびに、後悔はない人生だっただろうなぁと思うのです。

【後悔しないように生きたい!】

そう思うわたしは、【令和】になった時に【自分の命日】を決めたのです。

【命日から逆算】したら、【自分のやるべきこと】や【やりたいこと】をいつまでにどうやったら達成できるのか?の計画を立てられます。

【やりたいこと】は仕事だけではありません。

【北陸新幹線】に乗って金沢に行きたい!という思いがあります。

【体力があるうち】に実現したいです。

一度しかない人生です。

思い残しのないように生きたいのです。

その為には、【のんべんだらり】と生きていたらもったいないですから、【命日】を決めました。

【令和10年】の命日を迎えるその日その時に

何一つ後悔なく生きるために、わたしは全力で生きていきます。