片づけられるようになる【魔法の言葉】

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

【片づけられない人】が【片づけられるようになる】魔法の言葉があります

明らかにゴミと判るものから、捨てる習慣をつけましょう!と前回書きました。

今日は、それをゲーム感覚で楽しみながら身につける『魔法の言葉』を紹介します。

『なんでも良いので1日5個捨てる!』
『かもごと捨てる!』の2つです。

実は、捨てられない方は、何がゴミなのかが判ってらっしゃらないのです。

ですので、細かく教えてあげる必要があります。

『なんでも良いので5個捨てる!』

とは、例えば『ペットボトル』が1本あるとします。

地域によって分別の仕方が違うでしょうが、私が住んでる福岡県久留米市の場合は、

『ペットボトルのキャップ』

『ペットボトルのラベル』

『ペットボトル本体』と3つに分別して捨てるように義務付けされています

ですので、『ペットボトル』一個を分別して捨てるだけでゴミが3個になります。

2人分のペットボトルを分別するだけで既にゴミ6個です。

これまでは、『ペットボトル』は2本と数えていたのが、【なんでもいいので5個捨てる!】

と意識を変えて捨てるだけで直ぐに6個になるのです。

この考え方で行くとゴミは直ぐに10個になります。

これって凄くないですか?

このお話しをすると、先ずお子さんが喜んで「ゴミ捨て」に参加してくれます

兄弟がいるところのお子さんたちは、競争しながら大きな声で、1、2、3…と数えながら袋いっぱいにゴミを集めてくれます

うそぉ?と思った方は是非試しにやって見て下さい。

捨てることが楽しくなってモチベーションが上がるのを感じると思います。

もう一つの魔法の言葉

『かもごと捨てる!』は何かと言いますと

これまだ使うかも?

これまだ要るかも?

と思って取ってあるものって意外と有りませんか?

例えば、若い頃に買った服

サイズが今と明らかに違う!

でも、痩せるかも?…と思ってとってある

残念ながらそれは妄想です

痩せません

仮に痩せても、歳を重ねれば、色が似合わなくなったりします。

好みも変わります。

重力に逆らえない、わたしたちの体はいたるところがたるみますから、腕まわりがきつくなったりします。

腕まわりがきつい服は息苦しくて着ていられません・・・

そもそも2年着なかった服は着る事はほぼありません。

ですので『痩せるかも…』という妄想ごと捨てる!のです

私はなんでもかんでもポイポイ捨てろ!推進派ではありません。

どうしても捨てられない思い出のものなどは取っておいてもいいと思います。

でも、家の中の全てが思い出の品でしょうか?

物と向きあって、本当に必要な物か?

手放してもいいものか?

を見極めて頂きたいのです。

必要なものか?不要な物か?

これを見極めていかないとあなたの家は直ぐにゴミ屋敷になります

ご用心下さいね

撮影 藤谷勝志 studio flower

お知らせ

講座開催予定 | きれいマイスター協会
きれいマイスター講座他、講座開催のご案内とカレンダー