それぞれちがう【価値観】を話し合ってみる

今日のテーマは[価値観]です

 
室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です
 
 
 
【居心地の良い空間】ということをよく聞きますね?
 
その言葉も、人によって価値観が変わります。
 
 
 
類語を調べて見ました。
 

 

どうでしょう?
類語でもこんなにたくさんあります。
 
 
 
わたしはの自宅は良くお客様がお越しになりますから、きれいにしていなければ
なりませんが、モデルルームのような家は目指していません。
 
 
プロのハウスクリーナーの家なのになぜ?と思われますか?
 
 
わたしは、お客様が来られた時に『ほっとする!』と言われる空間でありたい
思っていますので、程よく生活感があります。
 
 
 
10万件もの様々なお客様のお宅を訪問させて頂く仕事をしていますと、例えば【ゴミ屋敷⁈】と思ってしまうようなお宅でも、『落ち着く!』と言われる方もいらっしゃれば、
 
 
キレイになさっているのに『片づけなきゃ!』と真剣に悩んでらっしゃる方もいます。
 
 
 
一緒に住む家族間でも、その価値観はバラバラだったりする事はザラにあります。
 
 
ゴミ屋敷を推奨するわけではありませんが、ゴミ屋敷を全否定するのは、家族間の
いさかいの元になったりします。
 
 
居心地の良い空間とはなんなのか?
一度ご家族でそれぞれの価値観を話しあって見ることが必要なのではないでしょうか?
 
 
 
価値観を話し有って見ると、それぞれが暮らしやすい居心地の良い我が家になる
近道が見つかるかも知れません
 
 
 
 
 
撮影 藤谷 勝志 氏 studio flower