知らないということは【命とり】になる⁉

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは、【見えないはずの空気の存在感について】です。

人間は空気がないと生きて行けません。

これは絶対的事実ですね。

だけどあまり【空気】の重要性を感じてらっしゃらない方が多いのも事実です。

俳句ではないけれど【空気の存在】を表す表現はたくさんあります

例えば

・昨日○○食べたでしょう?

・この部屋の空気なんだかよどんでるよね?

・なんだか【カビ臭くない?】

・山の上ような爽やかな空気を吸いたいよね・・・

など、こんな会話をしていませんか?

先日開催された講座でも室内環境(空気)のお話をしました。

エアコンを使うこの時期は【カビ菌】などがたくさん舞っています

特にこの梅雨の時期は【トリコスポロンというカビ菌】が多く混じっているということをお知らせしたんですね

この【トリコスポロン】という【カビ】は非常にたちが悪くて、人間の体に入れば【夏型肺臓炎】という病気を引き起こしますし、材木に入り込め【シロアリ】が食べたよりもひどい状況に陥ります

最悪、家を建て直す羽目になったりしますから怖いのです

↑↑↑↑↑↑

トリコスポロンに侵された材木

全ては空気中に含まれていますが、よほどカビ臭くない限り感じる方は殆どいません

この時の講座に参加されていた方が、まさに【カビが原因の病気】をわずらってらしたのですが、私が怖いなぁ・・・と思ったのは病名はご存知でも【カビ】が原因と言う事はご存知ではなかったことです。

人間に限らず生き物は24時間空気を吸っていないと死んでしまいます。

日本人の【死因の3位】【肺炎】です。

講座に参加された方の病名は【間質性肺炎】でした。

これは、本当に恐ろしい病気でして、【カビ】が【肺の中に生える】のです。

【カビ】が原因と知り早速【カビ掃除】をします!と決意をしてらっしゃいました。

【カビ取り掃除】をしない限り【カビ菌】にまみれた空気を吸いますから、病気が治る事はありません

【知らないと言う事は命取り】になるのです

キレイな【空気】を吸うことの大切さを忘れないでいただきたいと思います。

撮影 藤谷勝志氏 Studio flower

お知らせ

講座開催予定 | きれいマイスター協会
きれいマイスター講座他、講座開催のご案内とカレンダー