時代はドンドン変わるけれど 【理想のキッチン掃除】もかわるのだろうか?

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは面白いデータがありますので【理想のキッチン掃除】とはなにか?について考えてみたいと思います

【キッチンへの不満は?】

1・掃除がしにくい

2・調理がしにくい

3・収納が少ない

4・高齢になり使い勝手が悪くなった

5・デザインが好みではない

【キッチンを決める一番の決め手は?】

1・調理のしやすさ

・掃除のしやすさ

3・収納の豊富さ

4・コスト

5・デザイン・インテリア性

となっているそうです。

キッチンへの不満と希望がいずれも【掃除】です

キッチンは、油汚れや、水アカや、カビなど一般に手ごわい汚れが揃っていますから、【掃除】の悩みどころ満載のエリアです

どんなに進化しても変わらない掃除の鉄則! 

 
 
 
住まいはドンドン進化し、それに伴い住設も進化していますから、それに合わせて、お掃除方法もどんどん進化させていかなければなりません 
 
 
 
生活環境も進化(変化)しています。
 
 
 
 
 
子どもたちは塾へ行き、主婦も専業はすくなくなりました。
 
高齢者もデイサービスなどに通っていますから、そういう意味では現代の家族はみんな忙しく働いています。
 
 
 
そんな社会ですから、掃除も進化させなければ!といいましたが『お掃除の鉄則』は変わりません。
 
 
 
掃除の鉄則その1は『窓開け風通し』ですし、
 
 
『上から下』
 
 
『奥から手前』
 
 
『光るものは光らせる』
 
 
『白いものは白く』
 
 
 
 
 
これらの、不動の鉄則を守りつつ、各住設の素材に併せて掃除法も変化させて
 
いかないといけません
 
 
 
逆にちゃんとした知識がないと、きれいにしたつもりが、傷をいれてしまったり・・・取りかえしのつかない状態になってしまうのです
 
 
 
 
 
大切な家財に傷を入れない為には、むやみやたらに擦らない
なんでも重曹や漂白剤は使わない事です
 
 
 
重曹という表記はなくても調べたら重曹だったりしますので、要注意です
 
 
 
 
時代が変わるにつれ、お掃除は更に賢く知識を駆使してやりたいものです
 
 
 
撮影 藤谷勝志氏 Studio flower