【認知症】について正しい知識を持ってください

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは【認知症】についてです。

【認知症】には大きくわけて2種類あります。

【高齢によるもの】と

【アルツハイマー】などの病気によるものです。

【アルツハイマー】などは、若くても発症します。

【若年性アルツハイマー】とか良く聞かれる言葉ですよね?

移るもの?との誤解もありますが【認知症】は伝染しません!

先日からテーマにしている【介護保険】も使えます。

日本の社会は【高齢化】していますから、【高齢による認知症】は増える一方です。

わたしの母も【高齢による認知症】になりましたが、【認知症】は生まれもった性格が露わになると思いましたね

母は歳を重ねるたびに、だんだんと【忘れていく】ようになりましたが、生まれながらにして穏やかでしたし、いつも【感謝】を忘れない人でしたから、【認知】がひどくなってもいつも【ニコニコして、ありがとう!】を言う人でした。

【認知】が軽い頃はわたしのことも【娘】だとわかっていましたし、【由紀子】という名前もわかっていました。

有料老人ホーム【いちょうの杜】にお世話になっていましたから、訪ねて行くと【嬉しそうににっこり笑い】

帰るときは【気をつけてね〜】と手を振ってくれてました。

それが、いつの間にか【わたし】が誰だかわからなくなりました。

試しに【お母さん、わたしは誰?】と聞くと【満面の笑み】をたたえて、何も言わず【にっこり】笑うのです。

※この写真は喜寿のお祝いのとき撮影したものです。わたしが選んだシルクのブラウスは生涯のお気に入りになりました。

わたしが誰かすらわからなくなってるのに、【お母さん帰るよ〜】と声かけると、必ずにこにこしながら【気をつけてね〜】と手を振ってくれるのです。

それは、誰に対してもそうでしたから、施設のスタッフさんにも好かれていました。

母90才直前の写真です。

母の笑顔は無敵です!

【認知症】になると【理性のかけがね】が【外れます】から凶暴になる人もいるのです

【認知症】とは生まれもった性格が露わになるまのだなぁと母の施設を訪問するたびに思いました。

わたしが【認知症】になったら、にこにこはするでしょうけど、多分【毒舌】には磨きがかかることでしょう(笑)

そのときは、笑って許してください^_^

というわけで【認知症】について2種類あることをカンタンに説明しました。

【介護保険】と【認知症】のことは、これからまた書いていきたいと思います

撮影 藤谷勝志氏 studio flower