新型コロナ対策【慌てない!】ことです

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

新型コロナがパンデミックになり、とうとう東京オリンピックが延期になりました。

次は、首都封鎖(ロックダウン)の話も出てきましたね

日本はどうなって行くのだろうか?と不安を抱えてらっしゃる方々も多いと思います。

何度もお話ししたと思いますが、深刻な状況に追い込まれた時こそ、【冷静】になりましょう

新型コロナに関しては、パンデミックになった以上、かかったらどうしよう?と恐れるよりも、先ずは【自分が保菌者かも知れない】という認識を持つことが大事ではないだろうか?とわたしは思うのです。

これまで、新型コロナに罹患して日本でお亡くなりになった方々のほとんどは、【80歳・90歳】の超高齢者です。

最近は少しお若い方もお亡くなりになってますが、70歳代です。

共通しているのは、どの方も【持病】をお持ちだったことです。

大切な身内が亡くなっただけでも悲しいのです

それなのに労わるどころが、まるで犯人探しのような過熱報道です。

一旦、深呼吸しましょう!

保菌者だったとしても、免疫力の高い方は発症していないのです。(各ドクターもおっしゃってますよね?)

発症してないから、マスクもせずに無防備に密室空間に出かけます

昨日出かけたショッピングモールでもマスクなしの若人をたくさん見かけました。

自分が保菌者かも知れない!

と自覚してたらそんなことはできないのではないでしょうか?

免疫力の低い方のために【マスク】をする

手を洗う

などなど1人1人が思いやりの心を持って行動したら、新型コロナの蔓延は防げるのではないかなぁ〜と思います。

あとは、密室を作らないように【換気】をし【みんなで触るところの消毒掃除】はマメにやること。

上記のいずれの方法も難しいことではありません。

マスクは確かに売ってないところだらけですが、YouTubeにいくらでも作り方をアップしてありますので、自分でできそうな方法で手作りしたらいいと思います。

家の中にこもりっばなしでは、息がつまるのも確かです

桜はこれから見頃ですから、桜の下で宴会しなくても桜の下をゆっくり散策して下さい。

桜は、厳寒の冬を乗り越えて咲く花ですから、もの凄いパワーを持っています。

その桜の花の下を散策するだけで、桜のもの凄いパワーを感じて元気になりますよ

撮影 藤谷勝志氏