重曹、セスキ酸、クエン酸の違い等について

室内環境改善コンサルタントのyukikoです。

 
 
今日は、重曹とセスキ酸とクエン酸の違いや使い方等を教えて下さいという質問がありまし立ち上がりのでそれにお答えしようと思います。
 
 
セスキ酸と重曹はアルカリ性です。
重曹より、セスキ酸の方がPH値が高いので、落ちますが、そこそこの汚れのものにしか効果はありません。
 
はっきり言って、重曹で落ちるものはお湯で落ちます。
 
クエン酸は酸性です。
お酢もクエン酸です。
ミカンなどで、ジャムを作るとステンレス鍋はピカピカに光りますおねがい
ですので、鍋を磨きたい時に使えば光りますし、トイレの軽い匂い取りにならば、使えない事はないですが、尿石は落とせません。
 
基本的に私は、使いませんし、講座でもオススメはしていません。
 
クエン酸に限って言えば、トイレの便座や、壁や床位は拭きます。
基本的に我が家のトイレはきれいなので、クエン酸でも充分なのです
 
この表はおそうじジョーズのスタッフが書いたものです。
自分用なので、定規等を使わずに書いてありますが、良く書けています。
参考になさって下さい
 
{8A2B5518-10F4-488C-9E33-680092B50C82}
 
 
{F812EC80-7FD2-4C4D-BF58-24F7C1F75DFF}

石油系のヘビーな洗剤を使わずに、これらのもので、汚れが落ちるように、日頃から汚れを溜めないように暮らすのが賢明だと私は思います。