ちょい置きから起きる負のスパイラル

あなたの暮らしをもっと快適に♪

室内環境改善コンサルタントのきららこと山口由紀子です。

 
部屋が散らからないコツは、『ちょい置きをしない事』です。
ソファや椅子にちょっと置いとこう…
床にちょっと置いとこう…
 
そんな時って『後で片づけるから!』と言う言い訳を心の中で呟いてます。
これ実は魔のささやきなのですね?
後で!っていつですか?
10分後?
1時間後?
 
 
中々、そう甘くないのですよね?
 
私達がお伺いしたお客様宅のちょい起きの時間経過は長くて5年という方もいらっしゃいましたもんびっくり
 
ソファや床にちょい置きしてしまうと、玄関からキッチンなど、家じゅうに物がちょい置きされる事になるのです。
 
ちょっととつもりが、5年…って有る有るなんですよ
怖くないですか?、
 
そうなったら、もう手に負えない状態になりますから、ヘルプミーってなっちゃうんですが、これが又大変なんです
こんな状態を人に見せられないから、ヘルプミーって叫べない
 
負のスパイラルになってしまうのですね
 
 
そうならないためには『ちょい置き』やめましょう!
諸事情にて、止むなし!と時もあるでしょうが、家族で役割分担して、せめて翌日にはちょい置き脱出しましょう
 
{58489D97-4CE3-4ECF-BEF5-BD0AAE542559}