我が子を頭の良い子にする方法

ほとんどのお母さんが、『我が子が頭の良い子になれば!』と望んでいます。

そこで今日は『頭の良い子』の育て方をお話ししたいと思います。

それは…

ぐっすり眠れるように『睡眠の質』を良くしてあげる事です。

意外ですか?

ぐっすり眠る事が、『脳の活性化』を招くのです。

昔から『寝る子は育つ』と言いますね

それですよ

それ!

昔の人は良いことを言いましたね〜

では、ぐっすり眠れるように『睡眠の質』を上げるためにはどうしたらいいのでしょう?

まず、寝室の窓を開けて『通気』を良くする事です。

そもそも『寝室』は窓を開ける事が少ないお部屋です。

締め切ったままでは、『空気がどんより』

そして『ジメジメ』しています。

夕方、帰宅したらまず『寝室の窓を開けて』通気を良くしましょう。

10分ほどでもいいです

次に、寝具を乾燥させる事です。

天日干しが1番良いのですが、共稼ぎのご家庭も多いし、花粉やPM2.5や黄砂の影響等で干せない場合は、『布団乾燥機』を使ってもいいので、 

『寝具を乾燥』させましょう。

寝具は寝ている間に汗をかくので、結構しめっているのです。

そんな寝具は寝心地が悪いので、睡眠の質が下がります。

睡眠時間は7〜8時間と言われてますから、スッキリ乾燥した寝具を使う事はぐっすり眠るため

『寝心地の良さを確保するため』には大切な事なのです。

他には、小学校低学年なら、9時には寝かせる

寝る前には、スマホやゲームはさせない(電磁波を浴びると脳が興奮状態になります)

まだ、幼い頃からこの習慣を身につけて『ぐっすり眠る』と集中力が身について『頭の良い子』になります。