【癌】との上手な付き合いかた

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日は、【癌】のお話です。

【癌】は、いまや2人に1人はかかると言われています。

成人病ではなく【生活習慣病】と言っても良いのではないかと思います。

わたしの周りにも、【癌】の患者さんが多くて何を隠そう愛する夫も【癌】でした。

夫が【癌】になったのは、14年前。

その頃は、【癌の罹患率】はまだ2人に1人ではなかったと思いますが、【癌=死】という構図は、今より強かったと思います。

実際、告知された時は【どうしよう…】と内心途方にくれました。

夫に悟られないように、平常心を保つのが大変でしたが、わたしは、なんでも顔に出る

タイプなので、きっとバレていたでしょうね

主催する【お掃除と片づけ資格取得講座】の受講生さんも、【癌】の方が数人

いらっしゃいました。

講座卒業後、自ら癌であることを告知されましたが、

【講座に来て、先生の笑顔を見ては元気をもらってました】と皆様異口同音に

言って下さったことは、当時の辛い心に勇気を頂きました。

(受講生さんたちには、夫の癌は内緒にしていましたから)

【一本のお電話での突然の告白】

卒業生さん達とは、今も交流がありますが、本日そのお一人「Tさん」からお電話を

いただきました。

いつも元気印のTさんからは、現役の受講生時代から【癌】だったことを卒業後に

聞かされていました。

【癌】を克服し、仕事に邁進してらっしゃいましたが、今日お電話を頂き

なんと【4度目の再発】をして入院中ということを知りました。

【絶対に治って又、先生の顔を見に来ます!】とあまり元気のない声で言われましたので

『お見舞いに行きますよ!』と話したら【とても嬉しそうな声】で【ホントですか!待ってます!】と即答されました。

『何か食べたいものありますか?』と尋ねたら、【バナナ】がいいです!

【1本でいいです!】とたたみかけられましたので、そんなに遠慮されなくて良いですよ!

と明るく言ったら、【食べられないから…】と(悲)

わたしは、夫の癌と約7年闘いましたから、【癌】には詳しいです。

【癌】の真実を知っています。(ここには書かないけれど・・・)

【癌】は業病ですね

憎いです。

元気な人の体を突然むしばみ、遠慮なく、家族から【愛する人】を奪います

Tさんは、【必ず克服して退院します!】と言われました。

早く会いに行かなければなりません。

【癌】は生活習慣病です。

もし【癌】になったら、闘っていけません!

【癌】は自分の細胞の分身ですから、【癌】になったことに感謝し【生活を見直すこと】を強くオススメします

【癌】に感謝するのは、キレイごとではありません。

愛する人を容赦なく奪って行く【癌】になぜ感謝するのか?

そしてなぜ、闘ってはいけないのかは、又の機会にお話します