ありがとう!【命のバトン】ゆっこさんの言葉に救われたの

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日は、【乳癌のお話】です。

今から10年前、北海道に住む高校の後輩のNちゃんから、電話がありました。(結婚して北海道に嫁ぎました。)

明らかに様子が変です

【何かあったの?】と問いかけるわたしに彼女は、哀しみをこらえて【ゆっこさん、【乳癌】って言われた…

【どうしたらいい?】とポツポツと話し始めました。

その頃のわたしは既に夫の癌と闘っていましたから【癌】にはかなり詳しくなっていましたので、彼女の主治医が提示された【治療法】などを細かく書きました。

【ステージ5】

【手術】して病巣摘出後、抗がん剤投与するとのことでした。

夫は【ステージ4】でしたが、彼女はその上の【ステージ5】

【癌】としてはかなり深刻です。

でも、彼女との会話で【余命宣告は受けてない!】ことがわかりました。

それでも、相当落ち込んでるのが、手に取るように判ります。

まだ、お子さんも幼いし、実家は遠い遠い九州です。

頼るべき親御さんは遠すぎる…

さぞかし途方にくれたことでしょう。

わたしは、そのときに【Nちゃん、死んではダメよ!生きとかなんよ!(生きてなさいの意味、福岡の方言)】と言いました。

【医学は日進日歩だから、生きてたら今よりもっと良い治療法が見つかる!生きとかなん!】と何度も繰り返しました。

彼女はヘタレそうになると、わたしに電話をして来ました。

そのたびに【生きとかなんよ!】を繰り返します。

彼女の住むところは【北海道】です。

【とうもろこし】の美味しいところです。

【乳癌】の宣告を受けてから、毎年【農園直送】で【とうもろこし】を送ってくれるようになりました。

【わたしが生きている限りゆっこさんに贈るから、なにも連絡がなくてもとうもろこしが来たら生きてる!】と思ってね!との伝言つきです。

その年から、わたしは【とうもろこし】が送られて来るのを心待ちにするようになりました。

【Nちゃんが生きている命の証し】だからです。

農産物は気候による変動があるので、遅れたりすると、【まさかNちゃんの身に異変が起きたのでは?】とハラハラしました。

そして、10年の月日が流れました。

【乳癌の寛解は10年】です

今年も【命のとうもろこし】は送られて来ました。

彼女は【乳癌】に勝ったのです!

 

今年の【とうもろこし】は【命の大勝利宣言】の証しなのです。

このひと粒ひと粒が【Nちゃんの命の証し】と思ったらわたしは嬉しくてたまりません。

昨日、お礼を兼ねて久しぶりに電話で話しました

【よくぞ生き切ったね!】

【よくぞ勝ったね!】と言ったらNちゃんは、ゆっこさんが【生きとかなんよ!】と繰り返し言ってくれたからその言葉を胸に抱いて頑張ったんだ!と言ってくれました。

【生きとかなんよ!】のひとことが生きる支えになった!と。

今では、【乳癌】だったことを北海道の友人にもカミングアウトし、【癌】を発症した友人に【生きとかなんよ!】と言って激励してるそうです。(正真正銘の道産子の方に、福岡の方言で激励するそうです)

【ゆっこさんがくれた命のバトン】を繋いで行くね〜〜と明るく笑っていました。

そして、これからの人生も何があっても【笑って生きて行く!】と約束してくれました。

【ステージ5】の癌でも乗り越えられます。

【癌】といわれようと、【余命宣告されようと】諦めないでくださいね。

明日は来るのです