時短お掃除、お片付け

見た目はキレイなのに、臭うトイレの原因は○○にあった!

今日は、トイレ掃除の続編

【便器の返しについた尿石の落とし方】をご紹介します。

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

 

一見キレイに見えるトイレ

だけど、なんだか臭うなぁと思うときってありませんか?

 

それは、便器の見えない部分に付いた【尿石】だったり、壁に飛び散った【尿】が原因だったりします。

 

見えない部分とは、便器の水が溜まっているところの縁(ふち)や奥の方、便器の返し等です。

 

 

赤の矢印の部分が、【茶色】くなっていたら、それは【水アカのかたまり】や【尿石】の可能性が高いです。

 

又、水が溜まっているところに手を入れると奥が空洞になっていますが、そこの上や周りを耐水ペーパー1,000番(1,200番可)で優しく撫でると、薄いペラペラのものが浮いて来ます。

 

それは【尿石】です。

 

↑↑↑

わかりますか?

薄いペラペラの【茶色】のもの

 

これが臭いの元になる【尿石】です。

 

この【尿石】を放置すると、だんだんと真っ黒になっていきます。

 

一般の方は、真っ黒になったのを見ると、【カビ】だと判断されることが多くて、【塩素系の漂白剤】を使われる方が多いですが、それは危険です。

 

カビの場合は、確かに落ちますが、【尿石】はこびり付いているため落ちません。

 

便器の【ヤケ】を起こす原因にもなりますから、【塩素系漂白剤】の乱用は気をつけましょう!

 

便器の返しに付いた【尿石の落とし方】動画にてご覧下さい。

 

1,000番の耐水ペーパーを使用しています。

 

 

 

あくまでも優しくなでるだけですが、普段はあまりされない方が多いので、

ガリガリと音がします。

音に恐れずに挑戦してみてください。

耐水ペーパーは1,200番でも大丈夫です。

 

これらの場所の尿石が取れると臭いがなくなる事が多いです。

 

撮影 藤谷勝志氏 studio flower

お知らせ

講座開催予定(カレンダー表示)

 

-時短お掃除、お片付け

© 2021 山口由紀子 オフィシャルサイト