究極の【今活(いまかつ)】のご利益

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

仕事上の大きなイベントが終わりやっと引越しの仕分けに専念できるようになりました。

我が家には、【本棚】が2つあるのですが、新居に持って行くのは【一つのみ!】と決めていますので、置いて行く方の本棚の【仕分け】をしました。

色々出て来ましたが、なんと【日本1】を受賞した時の作品が掲載された【本】が出て来ました。

【こんなところにあったんだ!】です。

懐かしい作品です。

これは何度も編み直して苦労して苦労して生まれた作品です。

デザインも当時としては【画期的】でしたが、【模様】を作り出す技術にも苦労した作品です。

編み機の会社から、技術を指導して下さい!と言われお伝えしましたが、どうやって編んだのか?

今となっては本人も忘れてますが(苦笑)

そして、これも

 

2度目の受賞作品です

※加藤は旧姓

フレアーを出すのにも苦労しましたが、縦模様を編み込むのにも、相当苦労しました。

これも既に編み方忘れてますが(苦笑)袋編みです

この袋編みは、今は割と良く見かけますが、技を生み出したのはわたしです

何日も寝てなくて試行錯誤を繰り返して生まれた作品ですし

青春時代の【金】の思い出です。

頑張ったね〜【青春時代】の由紀子さん!

【その頑張りを今に続けてくれてありがとう】

究極の【今活(いまかつ)】引越しの片づけは正直とても大変ですが、こうして思いもかけないところから【レア物】が出てくるので、やはりたまには【いまかつ】やった方がいいですね〜

先日の賞状・盾も全く想定外のところから出て来ました

今回の作品集も、全くの想定外のところから出てきましたので、究極の【いまかつ(引越し編)】はわたしにとっては【ラッキーチャンス】ですね

色々山坂ありますが、未来へ向かってこれからも山口由紀子は頑張ります

応援・声援よろしくお願いします。

コメント

  1. anego より:

    苦労されただけのことある
    とてもすてきな作品ですね☆☆

    確かにニットデザイナーであったという証明ですね👍

    • kirara より:

      青春時代の思い出の作品です
      寝食忘れて創り上げたもの。
      あの頑張りをこれからも忘れないようにします