タンスの肥やしの服を着こなす方法

柱の服の選び方が大事なのです

 
 
室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。
 
私は、お掃除講座と共に片づけ講座も主催し、講師も務めていますが、片づけ講座に参加される皆様の1番のお悩みは『服』です。
 
✅高かったけど、着こなせなくてタンスの肥やし
 
✅服が好きで、つい買ってしまう
 
✅枚数が、ないと不安
 
などなど、『服』がその方の家の収納力を上回っているのは確かです。
 
私は、昔デザイナーをしてましたし、認定講師のKさんは、カラーコーディネートの勉強もしてらして、かなりスキルが高いので、タンスの肥やしさん達を蘇らせる講座を数回開催しました。
 
おかげ様でいつも好評です。
 
山口由紀子式メソッド『服』のコーディネートの基本は先ず柱になる服を決める
 
 
例えば、クローゼットを見て質の良い紺のワンピースを見つけたとします。
着て頂きましたら、鏡の前に立って頂きサイズ感を後ろから拝見します。
 
ポイントは肩幅が有っているか
着丈が身長に合っているか
を見ます
 
着丈の調整は、ベルト等でどうにか出来ますが肩幅だけはお直しがいるかもしれません。
 
今日は、直しは全てないバージョンでお話します
 
肩幅も、着丈も身幅も合っていた場合は、その服を基本に決めます。
 
中高年のお客様の場合は、動きやすいデザインを選ぶ事もポイントです
プリーツとか程よいフレアーとか選ぶと良いでしょう
 
基本が決まったところで、又クローゼットの中から、上着を選びます。
紺やチャコールグレーのプリーツとか程よいフレアーが入ったスタイルのワンピースは、上に着る物でカジュアルにもなるし、フォーマルにもなります
 
例えば、白紺のマリン系のカーディガンがクローゼットにあればそれを合わせる事で、カジュアルになります
 
グレーベージュ系のジャケットがあれば、フォーマルなお席にも着て行けます
 
紺やチャコールグレーの質の良いワンピースを1枚持ってらっしゃる方は是非いろんな上着を合わせて1人ファッションショーを楽しんで見て下さい
 
新しい発見ができてワクワクしますよ
もちろんお一人で出来ない方はお手伝いします。
 
私は、物は最小限持つシンプルライフを推奨しています
着こなしは基本の服をキチンと選べばどうとでもなります。
 
もちろん足りない小物等は買い足す必要があるかもしれないですが、これ又使い回しのよい小物をチョイスします。
 
 
『服』は着てなんぼです
タンスの肥やしにする為の物ではありません。
 
もちろん、服を新調したい方のお買い物同行もしていますが、タンスの肥やしになる服はチョイスしません
 
どんなシーンにも着て行ける一着をお選び致します
 

上の写真の服は『レリアン』のレースのブラウス、透け感をカバーするブラウス、プリーツスカートです。

30年前の服です
一眼ぼれして購入しました。
 
全て単体で着られますので重宝しています。
物がいいのと、大事にメンテしながら着ていますので、今も現役で着ています。
 
下の写真は、ジャケットは薄いピンク
スカートはレリアンのプリーツスカートを合わせています
 
アクセサリーはそれぞれ違うものですが
全く違う雰囲気の服に見えますよね
 
自分でコーディネートしました。
 
コーディネートしやすい服を基本に持っていると、何着もタンスの肥やしの服は必要ありません
 
山口由紀子の公式LINE@が出来ました
 
お得情報満載です
 
登録して頂けたら嬉しいです