地震列島日本に住む全ての皆様へ!室内環境改善コンサルタントが教える【地震(災害)】への【備え方】

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

 
 
今日のテーマは【地震(災害)の備え方!】についてです
 
 
今朝地震が有りました
震源地は【日向灘】です。
宮崎は震度5
 
ついに来たか⁉︎
南海トラフ地震と背筋が冷たくなりました。
 
 
日向灘には、【川内(せんだい)原発】があります
 
 
 
 
私の住む町久留米(今朝は震度3かなり強い揺れ)とはかなり近いですし、川内原発に何かあれば、九州全土が【福島の二の舞】
 
 
廃墟と化します。
 
 
日本は地震列島
どこも安全なところはないのかもしれません
 
 
そんな地震列島に住む皆さまに【地震】に備えて、又、避難に当たっての注意事項をお知らせしたいと思います。
 
 
 
まず、出入り口確保
 
逃げる時は、我が家のどの出入り口から逃げればいいのか?
家族とともに確認しておきましょう。
 
 
出入り口付近にものは散らかっていませんか?
 
物を積み上げていませんか?
 
積み上げていたら、片づけましょう
逃げる時に妨げになりますし、危険です
 
 
地震は、明るい時間にあるとは限りません。
停電して真っ暗になってしまっても、足元に余計なものがなければ、さっと脱出できます
 
 
ベッドサイドには、スリッパ置いておきましょう!
裸足で逃げる時に足を怪我したら困りますよね?
 
 
スリッパは足の怪我を防いでくれます。
 
 
それから、フェイスタオルを1枚
枕のそばに置いておきましょう。
 
 
タオルを首に巻けば、防寒もできますし、覆面のように口を覆えば、万が一火が出た時にガスを吸い込まずに済みます
 
 
頭から被れば防災頭巾の代わりになりますので、タオルは万能です。
 
 
あとは、持ち出しリュックの中を点検しましょう。
消費期限切れのものがあれば、入れ替えが必要です。
 
 
懐中電気つきますか?
乾電池の予備
サランラップ
延長コード
常備薬の確認もしましょうね
 
 
通帳と印鑑はいりません
当座のお金と【保険証】のような身分証明書があればお金は引き出せます。
 
 
 
地震はいつ来るか判りません。
命に変えられるものはないのです
備えあれば、憂いなしです。
 
 
私は、昨年の7月に水害に遭って避難しましたが、すぐに脱出できたのは、これらを入れた避難リュックが有ったから。
 
 
備えあれば憂いなし!を実体験しました。
ですので、対岸の火事とは思わずに我が身に置き換えて、すぐにでも【備え】をして下さい。
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ただいま、募集中の講座ご案内
 
http://kireims.com/