冷蔵庫のパッキンの中は【雑菌の巣】です

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です

今年も残すところあと6日ですね

今日は、お掃除をして欲しいけれど、見逃しがちな【盲点箇所】のご紹介をしたいと思います

はい、それはここです

冷蔵庫のパッキンの中は、この動画でご覧のように、結構汚れています

冷蔵庫の中は、冷たいから【バイキン】は居ないだろう!と思いがちです

居て欲しくない…という願望もありますよね

ところが、冷蔵庫には【好冷菌】という【気温の低い】ところを好む【バイキン】がいます

そこに、食べ物のカスなどが入りこむことで【食中毒】を起こす原因となったりしますので、冷蔵庫のパッキンの中はお掃除をして頂きたいと思います。

使う道具は、【豚毛のチャンネルブラシ】と【水】とキレイな【乾いた布巾】のみです。

天然の【豚毛100パーセント】ですので、ブラシそのものにパワーがありますから、【洗剤】不要なのが大きな特徴です。

冷蔵庫のパッキンのような狭いところを洗剤を使って洗ったら、洗い流しができません

洗剤を洗い残すと、それを栄養分にして【新たな雑菌やカビ】が増えるのですから、掃除したことにならないばかりかかえってリスクを生むことになります。

そのリスクを防ぐために【天然の豚毛100パーセント】の【チャンネルブラシ】を使うのです。

ナイロンなどの化学繊維のものと違って、【天然】のものは素材そのものにパワーがありますので【洗剤】は不要なのです

【天然の豚毛100パーセント】のチャンネルブラシで汚れをかき出したら、あとは【残った水気を乾いた布巾で拭き取るだけ】ですから、実にカンタンですし、仕上がりも驚く程キレイです

【豚毛100パーセントのチャンネルブラシ】は残念ながらホームセンターでは中々手に入りませんので、気になる方はこちらをご覧になってくださいね

頬喜屋 powered by BASE
プロがオススメする掃除道具を厳選して販売

撮影 藤谷勝志氏 studio flower

講座開催予定 | きれいマイスター協会
きれいマイスター講座他、講座開催のご案内とカレンダー

新春特別講座の詳細は1月20日のところをポチッと押してご覧下さいませ