これからの季節【怖いのは新型コロナ】だけではありません!

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です

新型コロナで自粛生活が長引いていますが5月も早や半ばです

そろそろ、あべのマスク10万円の給付金の申請書が届く頃でしょうか?

待ち長いですね

到着するのを首を長くしている日々ですがいきなり暑くなりました

この時期になると、圧倒的に増えるのが、【エアコンクリーニング】と

【浴室クリーニング】のご依頼です。

ご依頼される方の共通のお悩みごとは【カビ】です

新型コロナのウィルスも怖いですが、間質性肺炎の原因になったりする

【カビ】も怖いです

エアコンや浴室に生える【カビ】の共通点は一般の方には手の届かない

高い所に生えてしまうことです。

エアコンのカビ洗浄は、分解の知識も要りますので一般の方には

ご自分で対処するにはかなり難しいですね・・・

浴室のカビも天井も高いところに生えることが多いのでやはり、一般の方が

対処するには難易度の高いところです。

生えてしまったカビの対処は難しいことが多いですので

生えないようにするのが1番良いですね

そこで・・・

【カビ】が生えないようにするための簡単にアドバイスをご紹介します

それは【風通しを良くする・乾燥させること】です。

エアコンは一日使い終わったら【送風運転】をし内部を乾かします。

メーカーや機種によって表現が代わりますが、リモコンに【内部クリーン】と

書いてあれば、一日の終わり(寝る前等)にそのスイッチを押します。

すると、【自動でエアコンの内部を乾燥してくれます。】

※エアコンの内部乾燥方法については各自お持ちの取説をご確認ください。

取説がない方は、エアコンの横、あるいは下部にメーカーと機種番号を明記して

ありますので、そこをスマホで写メしましょう

その後、写メを見ながらパソコンで機種番号を検索すると取説をご覧になること

が出来ます

ただし、古い機種はもう掲載されてないこともありますからご注意下さい。

浴室も、入浴が終わったら【換気扇】を上手く活用し【風通し】をしましょう。

最近の浴室は【ユニットバス】が多いので取説があります

お手入れの仕方は住設の素材別の扱い方がありますので必ず取説をご覧に

なってくださいね。

新型コロナウィルスだけが怖いのではありません。

これからは【カビ】が生えやすい季節

【カビ】の胞子が空気中に紛れて吸ってしまいますから怖いのです

室内の換気・空気の浄化は【新型コロナウィルス対策】にも共通しています

充分な換気【風通しを良くする・乾燥させること】を常に実行して

厄介な【カビ】や【新型コロナウィルス】を増殖さないように暮らしましょう

撮影 藤谷勝志氏