ブログ 人生100年時代 介護と看護

障害【ハンディ】を価値【バリュー】に変える生き方

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

 

 

またもや、【線状降水帯】に居座られた久留米市

7月21日の夜中から降り始めた雨は、7月21日夕方6時現在のトータル雨量308ミリ超え!

 

 

今年の梅雨入りは例年より、遅くこれまで殆ど雨らしい雨は降っていなかったのに、24時間も経っていないのに過去最大の雨量を観測するという不足の事態に見舞われる

 

 

避難レベルは4

マックスが【5】だから相当なもの

 

わたしは、今回も【いちょうの杜山川】様に避難させて頂きました。

 

 

食堂にて、食事を頂きながら、こちらの利用者さん達と暫し会話しました。

 

わたしを入れて4人がけのテーブル

 

なんと【顧客満足度100】

 

 

⚫︎今まで、3ヶ所回ったけど、ここは素晴らしい!ここに来て良かったとはなされた70才のおじさま

 

 

⚫︎ここは、娘や友達も気楽に遊びに来られる。ほんとに良いところですと、にこやかに話される80才代?のおばさま

 

 

⚫︎ここは、みんな親切で、ほんによかとこです(本当にいい所です)居心地が良かとです

 

 

 

終の住処(ついのすみか)として選んだ場所の満足度が高いって素晴らしいと思います。

 

 

わたしがここに来た理由を話すと、入居者さん達は、【怖かったでしょう!ここに来て良かったね〜〜ここなら、安心よ!】と一様におっしゃって下さった。

 

 

食事をしながら見てると、70才のおじさまがスッと立ち上がって、とあるお部屋(個人)のドアをスッと開けられて、車イスのおじいちゃんの方へ歩いて行かれました。

 

なんと、車イスのサポートを始められたのです。

 

 

ご自身も【脳梗塞】で半身マヒが残ってらっしゃるのに、【車イス】のおじいちゃんのサポートをごく普通にされていました。

 

 

広いリビングを見てたら、他にも似たような光景が広がっていました。

【残された能力】を【人のために】活かしてらっしゃるのです。

 

 

【介護】の本来あるべき姿を見せて頂きました。

 

 

【障害】という【ハンディ】を価値という【バリュー】に変える生き方

 

【ハンディバリュー】

 

 

これは、【いちょうの杜グループ】のオーナーの経営姿勢が反映されてる証に他なりません。

https://www.ichounomori.com/

 

長く生きてたら、誰しも迎える【老後】

 

全部してもらうのではなく、残された能力を人のために使う

 

自分が人のお役に立ってると思うと自分自身もうれしくなるし、いい意味での使命感も生まれるだろうし、それが生きがいなればなお素晴らしいと思います

 

 

【いちょうの杜】の顧客満足度が高いのは、きっとここに理由があるんだなぁ〜〜と思いました

-ブログ, 人生100年時代, 介護と看護

© 2021 山口由紀子 オフィシャルサイト