介護保険外で使える住宅改修情報【山口由紀子の今活(いまかつ)】その4

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは【介護保険以外で使える住宅改修の補助(助成金)】についてです。

実はこの【助成金制度】の存在はあまり知られていません。

ケアマネさんでも、知らない方がたくさんいらっしゃいます

自治体によって【助成金制度】の【名前】も【補助金額】も違います。

わたしは【福岡県】に住んでますので、【福岡県バージョン】でご説明します。

福岡県の場合は、名前を【すみよか事業】と言います。

補助金額は【30万円】

対象者は【高齢者】

この【すみよか事業】は使うタイミングがあります。

【介護保険の住宅改修制度】を使って住宅改修をし、住んだ後に、【暮らしにくいことがあった場合】に【申請出来ます】

つまり、並行しては使えないものです

【介護保険の住宅改修】が終わってから、住んでみて、その後にしか使えない!のです

この【補助金】を知らない方が【住みにくいから!】と自費で改修した後では【申請】できませんので注意が必要です。

【自費で改修する前に申請が必要です】

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ややこしいですが、【ここが、凄く大事なポイント】なのです!

【介護保険の住宅改修制度】は20万円の補助(一部負担金有り)

そして、【すみよか事業】で30万円(自治体別に名称と金額と条件が違うので、役所にお尋ねください)

合計50万円あれば、たいていの住宅改修は補助金でまかなえます。

国や自治体の助成金制度は【申告制】なので、知らないととても【損】をしますが、存在そのものを知らないなら【申告】さえ出来ません。

わたしも、知り得る限りの情報提供はさせて頂こうと思いますが、まだまだ知らないことがあると思います

わたしこれ知っているよ!という方は是非ぜひ【情報の共有】をお願い致します。

撮影 藤谷勝志氏 studio flower

講座開催予定 | きれいマイスター協会
きれいマイスター講座他、講座開催のご案内とカレンダー