素直に実践することで、長年の悩みから解放されていくのです

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

先日、わたしが代表をつとめる【きれいマイスター協会】主催のお掃除講座

に参加された方の実践報告を頂きましたので、ご紹介しますね。

その方の悩みは【お風呂の中にある鏡のウロコが取れない!】と言うことでした。

鏡の大きさは33センチ× 1メートル

かなり大きな鏡で、ウロコもびっしり…

何をしても取れないのでプロに頼もうかと思ってみたが、どうにかなるのならば……と思い講座に参加されたそうなのです。

お写真を拝見して思ったのはプロでも難しいレベル

鏡全体が、ウロコに覆われていました。

プロに頼めばおそらく50,000円以上かかるだろうと思われます

ですので、一つ提案をさせて頂きました。

わたしが推奨する洗浄剤と、道具を使って【地道に挑戦してみますか?】と。

地道に時間をかけて戦う方法ですが、取れると思いますよ!とお話したら

【え〜そんな方法があるなら、やってみます!】

と即答されました。

鏡になぜウロコが付くのか……と言うと

水気を拭き取らないからなのです!

水道水の中には、カルキと言う成分がありますから、水気を拭き取らず

そのまま放置すると、そのカルキが残って行って段々と蓄積され、【ウロコ】

として目に見える形で残るのです

ですので、水を使ったら、乾いたタオルで水気を拭き取ればウロコには

ならないのです。

だけど、時間をかけてウロコになってしまったものは、時間をかけて地道に

やればやがて取れて行きます

もちろん、やみくもにやるのではなく、【適切な知識と道具を使うことが条件】

です

プロは、適切な知識と技術と道具を使い、鏡に傷を入れないように気を

配りながら、出来るだけ短時間で落として行きます。

講座に参加される方は、殆どが主婦の方々ですから、傷を入れないように

地道に時間をかけながら落として頂くしかありません。

【根気】良くやるのです

そして、未来の水アカを付けないようにやってもらうことも【鏡にウロコをつけない大きなコツ】

となります。

で、やってみられたのですよ

鏡のお写真も頂きましたが、個人情報がわかってしまうので、感想文のみご紹介させて頂きますね(もちろん、ご本人の許可を得ています)

お使いになった道具はこれです

シンクの水切りピッタリな大きさの水切りワイパーですが、鏡にも使えます。

って言うか、軽くて使いやすいのです

大きな鏡ですので、一回にウロコ取りをする時間は【15分】と言う短時間でお願いしました。

そして、ウロコを落として鏡に二度とウロコをつけないために、お風呂上がりに【水切りワイパー】で【水気】を切ってもらっているのです。

凄いことに、もう【半分くらい】キレイになっているのですよね

講座を受けて、直ぐに素直に実践されると、時間は多少かかっても【プロ並】に【鏡のウロコ】が取れて行く!と言う体験をお知らせくださいまして

ありがとうございました

撮影 藤谷勝志氏

藤谷勝志プロフィール - 渋谷写真スタジオ|藤谷勝志写真事務所・スタジオフラワー
藤谷勝志プロフィール ビジネスプロフィール 藤谷勝志(ふじや まさし) (有)藤谷勝志写真事務所代表取締役 studio flower オーナー 一瞬の光をコントロールする光の魔術師/写真家 日本三大花火の一つで有名な秋 …