3歳児にもできる【介護】

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日は、お盆のお墓参りに弟家族と一緒に行きました。

お墓のある場所は【大分】です

台風10号の影響で道がどうにかなってるといけないので、朝9時に家を出ました

途中【崖崩れ】の心配があるから!ということで警備員のおじさん達がいましたが、無事通過できました。

夫と母が眠る墓地公園

墓地と言っても【公園】になってますから、気持ち良いです

地上より4度気温が低いので、風が吹くと心地よかったです。

わたしは子どもの写真を載せるのはイヤなので載せませんが、姪の子供が同行していました。

明日3歳になる男の子です。

赤子のころは手に負えないほど【ギャン泣き】する子でした(苦笑)

そんな子がですね

わたしの【車イス】を押してくれるのですよ

大人は誰も【押して!】とは言っていません

自ら【押し始めた】んです。

物珍しいし、動くから面白いだけなのでしょうが、とても【自然】に押してくれたのです。

【押すのが当たり前】と言わんばかりに!

それも、力強くグイグイと押してくれるんです

ちょっとぶつかりそうになったら【ストップ!】って言うと【ちゃんと止まってくれる】のです。

3歳でも判るんです!

弟も、嫁も姪も甥もわたしもこの【3歳児】に【危ないからダメよ!】とは言いませんでした。

【ありがとうね〜アーリー君お利口さんね】と褒めまくります。

【ダメよ!】と言わないことは大事だと思うのです。

ぶっちゃけ、わたしもケガはしたくありませんからちゃんとストッパーには手をかけていましたが、笑顔で【押してもらいました】

【車イス】を変なものと思わせてはいけないし、【思いやりの心】を育てたいからですね

【未来の宝】の【子ども】の為に【命はりました(大げさ  笑)】

正直に言うと、【嬉しかったですね】

なんの違和感もなく【車イス】を押してくれた3歳児

【差別感を持たない】素敵なジェントルマンに育って欲しいです

夫と母のお墓の前で。

母はいましたが、夫はお墓の中にはいません

わたしの横にいます^_^

いつも一緒♪