究極の【終の住処】そして【山口由紀子のいまかつ】とは

室内環境改善コンサルタントの山口由紀子です。

今日のテーマは【究極の終の住処】についてです。

日本人は、妙に【死】ということを【忌み嫌い(いみきらい)】ますよね?

なぜでしょうか?

生まれて来たのだから、必ずいつか【死】は訪れます

【死ななきゃ変でしょ?】

【ゾンビになっても生きたいですか?】

わたしは【惜しい人を亡くしたね!】

まだ【若かったよね】と言われるうちに【死にたい!】と思っています。

断っておきますが【自殺願望】は一切ありません。

【生きることは死ぬこと】

【人は生きて来たようにしか死ねない】

これは、わたしの【死生観】です。

【死生観=哲学】がないから、日本人は【死】を忌み嫌うのではないかとわたし的には思っています

【キチンとした死生観】があると、【一度しかない人生をちゃんと生き切りたい!】と思うのです。

確かにね、20才のときには死生観なんてありませんでした。

でも30才過ぎたころ、死生観を持つようになりました。

夫が59才でこの世を去ったときに、初めて身近に感じました。

そして、死生観が具体的になったのは【去年の西日本豪雨での被災】です。

明日は来るかもしれないけど、その明日に【わたしが居るかなんてわからない】と身にしみて思いました。

究極の終の住処は、ここです

ここに持って行けるものは何ですか?

わたしはこれから(多分来月から)【山口由紀子のいまかつ】レポを開始します

お楽しみにお待ちくださいね

撮影 藤谷勝志氏 studio flower

講座開催予定 | きれいマイスター協会
きれいマイスター講座他、講座開催のご案内とカレンダー

【第13回いまかつ講座】は10月12日です。

これまでの【いまかつ講座】をより【グレードアップ】してお届けします。

お申込みお問い合わせは既に受付ています

カレンダーのところをポチッと押して頂けましたら、フォームが開きます。

お待ちしています